さようならの季節 作品情報

さようならのきせつ

滝沢英輔が監督した純愛ドラマ

数日後に出航するブラジル丸の舷側で、三宅高志はゆくりなくも、幼馴染の殿村幸子に会った。東北の寒村で台風のため家と田畑を失った幸子の一家は南米移民を志して横浜にきたが、一年前に家出した姉加代子にも会えずじまいになるかも知れないという。そんな彼女がいじらしく、高志は明日の再会を約して勤め先に戻った。早くから両親に死別した高志は、この土地で回漕業をいとなむ伯父徳太郎の店で働いていたが、主人の娘節子は彼に好意以上のものを感じている。翌日、幸子との約束の場所に、安夫と名乗る青年が待っていた。

「さようならの季節」の解説

「草を刈る娘」の三木克巳と才賀明が共同で脚本を書き、「どじょっこの歌」の滝沢英輔が監督した純愛ドラマ。撮影もコンビの横山実。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督滝沢英輔
出演浜田光夫 吉永小百合 殿山泰司
制作国 日本(1962)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「さようならの季節」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:17:27

広告を非表示にするには