ミッション:15 作品情報

みっしょんふぃふてぃーん

閉鎖空間での心理実験。帰還兵たちの変貌。

ミッション:15のイメージ画像1

アメリカ合衆国、ワシントンDC。とある軍の医療施設において、中東からの帰還兵に生じるPTSD(=心的外傷後ストレス障害)への治療カウンセリングが行われていた。対象者は3人。1人はアフガニスタンで敵の捕虜となり凄絶な拷問を受けた女性大尉、2人目は無人爆撃機の遠隔パイロット、3人目は若く穏やかな性格の上等兵。全員がPTSDに悩んでいた。ある日、3人は施設のエレベーターに乗り合わせる。エレベーターは突然停止。スマートフォンで見たオンラインニュースでは、ワシントンDCが攻撃され、さらには数キロ先に核爆弾が落とされたと伝えていた。汚染が迫る中、パニック症状を抑えつつ対応を試みる3人。しかし、これは全て軍上層部による極秘の心理実験だった!指針的、肉体的葛藤が圧力を増していき、それぞれの隠されたトラウマが表層に現れていく……。

「ミッション:15」の解説

軍隊という特殊な組織を舞台に、エレベーターという閉鎖空間に閉じ込められるという心理実験の対象となった3人の兵士が変貌していく様を、リアリティあふれる緊迫感をもって描くサイコスリラー。閉鎖空間における驚愕の展開が魅力の“ソリッド・シチュエーション・スリラー”、人間心理の暴走を描いたリアルさが魅力の“心理実験サスペンス”、軍隊という特殊な組織における人物造形が魅力の“ミリタリー・ドラマ”という、3つのジャンルを融合させ、斬新かつ異色の作品となっている。主人公を演じるのは、J.J.エイブラムスの「スタートレック」シリーズでカークの母親を演じているジェニファー・モリソン、『ダークナイト ライジング』のジョシュ・スチュワート、『大統領の執事の涙』のスティーヴン・ライダー。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年5月31日
キャスト 監督マシュー・トンプソン
出演ジェニファー・モリソン ジョシュ・スチュワート スティーヴン・ライダー
配給 プレシディオ
制作国 イギリス=アメリカ(2013)
年齢制限 PG-12
上映時間 85分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ミッション:15」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-12-02 18:41:06

広告を非表示にするには