花と蛇 ZERO 作品情報

はなとへびぜろ

シリーズ史上初、3人の罪深き女たち

花と蛇 ZEROのイメージ画像1

女性を監禁し調教する様子をライブ配信する闇サイト「バビロン」。刑事の美咲はそのアジト潜入に成功するが、そこで全身刺青ボンデージ姿の妹・美冬を見つける。妹を現場から逃がした美咲は、謎の男に脅迫され性の奴隷になっていく一方で、「バビロン」の情報を入手し、自ら緊縛ショーに乗り込む。そのころ「バビロン」では借金のカタに連れてこられた静子が激しい責めを受け、その姿をネットで見て自慰にふける主婦・瑠璃がいた。

「花と蛇 ZERO」の解説

団鬼六原作の、ご存知“官能SM映画”の金字塔的シリーズ最新作。これまで“静子”という女性を中心に描かれてきたが、初めて3人の女性─闇動画サイトを追う内に調教のワナにはまる女性刑事、夫の借金のカタに監禁・調教されるシリーズおなじみの女性・静子、そして性欲をもてあます主婦─を主人公に、三者三様の官能世界を描いている。演じる天乃舞衣子、濱田のり子、桜木梨奈、それぞれの艶技を堪能したい。監督は、『探偵はBARにいる』シリーズの橋本一。『私の奴隷になりなさい』を手がけた港岳彦が脚本を担当。絶望から絶頂へと昇りつめる罪深い3人の女たちが恍惚とした表情で狂い咲く姿は、官能を超えて神々しさすら感じる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年5月17日
キャスト 監督橋本一
原作団鬼六
出演天乃舞衣子 濱田のり子 桜木梨奈 津田寛治 川野直輝 榊英雄 辻本祐樹
配給 東映ビデオ
制作国 日本(2014)
年齢制限 R-18
上映時間 113分

(C)2014東映ビデオ

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「花と蛇 ZERO」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:16:22

広告を非表示にするには