オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~ 作品情報

おーるいずろすとさいごのてがみ

広大な海にたった一人残された男の物語

オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~のイメージ画像1
オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~のイメージ画像2

人生の晩年を迎えたその男は、自家用ヨットを駆り、インド洋を航海していた。しかし、突然ヨットが海上の浮遊物に衝突するという事故に見舞われる。自分はいまどこにいるのか? 嵐と闘い、飢えや渇きと闘い、孤独と闘う日々。やがて生存の望みは薄れ、運命に実放されようとしたとき、男は初めて自分の本当の気持ちと向き合う事になる。そして、一番大切な人に向けて読まれるかどうかもわからない手紙に、偽りのない気持ちをつづり始める…。

「オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~」の解説

2013年10月に全米公開されるや批評家から賞賛の声を集め、賞レースへの参入が有望視された本作。唯一の出演者となるロバート・レッドフォードは、自身が主宰するサンダンス映画祭で上映されたアカデミー賞オリジナル脚本賞を受賞したJ.C.チャンダーの長編デビュー作『マージン・コール』が気に入った。チャンダーからレッドフォードで主人公を当て書きされた脚本を渡されたレッドフォードは“脚本は大胆でエキセントリックだ。そして彼は、どう撮るべきかをすべて理解していた”と出演を快諾。76歳という年齢にもかかわらず、全編が水上での撮影という過酷なロケに挑み、ひとりの男の魂の旅をリアルに体現した熱演を見せている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年3月14日
キャスト 監督・脚本J.C.チャンダー
出演ロバート・レッドフォード
配給 ポニーキャニオン
制作国 アメリカ(2013)
上映時間 106分

(C)2013 All Is Lost LLC

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ミスチーフジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2014-03-15

海、遭難、と聞くと、「キャプテン・フィリックス」「タイタニック」を思い浮かべるが、それらとまったく異なる、個性的な映画。派手さのまったくない、ただひたすらに名も素性も不明な主人公が、海と静かに戦うストーリー。レッドフォードの久々の快作。(しかし字幕の担当者、複雑な心理だったろうなあ。)

最終更新日:2019-07-20 00:02:09

広告を非表示にするには