ランナウェイ・ブルース 作品情報

らんなうぇいぶるーす

とびきり哀しくて温かい兄弟の物語

ランナウェイ・ブルースのイメージ画像1

幼くして孤児になったジェリー・リーとフランクの兄弟。事故で片脚を失って以来不運続きの兄ジェリー・リーを、弟のフランクはかばって支えてきた。帰る家のないモーテル暮らしの侘しさも、フランクが空想の冒険譚を語り、ジェリー・リーがそれをイラストに書き起こしては凌いできた。ある日、ジェリー・リーが交通事故を起こす。警察の捜査から逃れるために、兄弟はフランクの元恋人アニーが暮らす街へと向かう。

「ランナウェイ・ブルース」の解説

負け犬のように振る舞うな。胸を張って生きろ。兄思いの弟フランクを励ます言葉が心にしみる。人は親や環境を選んで生まれてくる事はできない。社会の片隅で貧しく孤独に生きる事を余儀なくされた兄弟を演じるのは、『イントゥ・ザ・ワイルド』のエミール・ハーシュ、『SOMEWHERE』のスティーヴン・ドーフ。加えて、ダコタ・ファニングの可憐さが光り、渋みを増したクリス・クリストファーソンの存在も心を熱くする。さらに、空想の世界を描くマイク・スミスによるアニメーションに感嘆し、「北国の少女」をはじめブルージーな音楽に酔う。本作で長編デビューを果たしたアランとガブリエル・ポルスキーの兄弟監督の手腕に驚嘆する。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年3月15日
キャスト 監督アラン・ポルスキー ガブリエル・ポルスキー
原作ウィリー・ヴラウティン
出演エミール・ハーシュ スティーブン・ドーフ ダコタ・ファニング クリス・クリストファーソン
配給 熱帯美術館
制作国 アメリカ(2012)
上映時間 85分

(C)2012 Motel Life LLC

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ランナウェイ・ブルース」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-23 13:23:06

広告を非表示にするには