サムライの子 作品情報

さむらいのこ

山中恒の原作を映画化した社会ドラマ

北海道の片田舎に住んでいる田島ユリは、突然同じ北海道でも大都会へ引越せると聞いて躍り上がった。だがふに落ちないのは父親のことだ。父の太市は数年前女房をなくしてユミを他人の家へ預け、貧乏な屑屋をしていたが、今度突然大都会の市営住宅へ移転するというのだ。案の定、移転先は”サムライ部落”と呼ばれるボロ長屋だった。人々は屑を拾って生活しているのだ。ユミはそこで新しい母親と弟を紹介され、暗い気持になった。母親は父と一緒に酒を飲むような女だったし、この集落全体が無気力な流れ者の集りで、世間からも白眼視されていたからだ。学校でも同じこと、この集落の住民だというだけでユミは肩身のせまい思をした。

「サムライの子」の解説

山中恒の原作から「キューポラのある街」の今村昌平が脚色、「何もかも狂ってやがる」の若杉光夫が監督した社会ドラマ。撮影もコンビの井上莞。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督若杉光夫
出演田中鈴子 小沢昭一 南田洋子 浜田光夫
制作国 日本(1963)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「サムライの子」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-04-30 00:02:10

広告を非表示にするには