リトル・ブッダ 作品情報

りとるぶっだ

輪廻転生のテーマに迫った大作

米国シアトルに住む9歳のジェシー・コンラッドは、父ディーンと母リサと共に暮らす典型的な現代っ子。ある日、一家の前にラマ・ノルブほか4人のラマ僧が訪れた。ノルブは、ブッダの魂を受け継ぐと言われた尊師ラマ・ドルジェが9年前に他界したこと、そしてジェシーこそ、その生まれ変わりであると告げた。その夜、リサは息子にノルブから贈られた本を読んで聞かせた。それは古代インドで“世界を救う者”として生を受けたシッダールタ王子の物語だった。ノルブは、ジェシーがほかの候補者と共に試練を受け、儀式に臨むためにブータンに赴かねばならないと両親に説く。

「リトル・ブッダ」の解説

ブッダの魂を受け継ぐと告げられた子供たちが、彼の生涯に触れていくさまを通じて、輪廻転生のテーマに迫った大作。原案・監督のベルナルド・ベルトルッチが、「ラストエンペラー」「シェルタリング・スカイ」に続いて“オリエント三部作”の最終章を飾る作品として発表した。製作のジェレミー・トーマス、共同脚本のマーク・ペプロー、撮影のヴィットリオ・ストラーロ、音楽の坂本龍一、美術・衣装のジェームズ・アシュソンと、ベルトルッチ作品の常連が結集。そのほかのスタッフは、共同脚本に「ウインズ」のルディ・ワーリッツァー、編集に「JFK」のピエトロ・スカラ。出演は、本作でデビューした9歳の子役アレックス・ウィーゼンダンガー、「ドラキュラ」(92)のキアヌ・リーヴス、「アサシン」のブリジット・フォンダほか。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ベルナルド・ベルトルッチ
出演アレックス・ウィーゼンダンガー キアヌ・リーブス ブリジット・フォンダ
制作国 イギリス=フランス(1993)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「リトル・ブッダ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-01-15 15:08:20

広告を非表示にするには