セブン・サイコパス 作品情報

せぶんさいこぱす

笑いに満ちたブラックな犯罪ムービー

セブン・サイコパスのイメージ画像1

脚本家のマーティは新作の執筆が進まず、酒に溺れていた。決まっているのはタイトル「セブン・サイコパス」だけで、キャラクターもストーリーもほぼ白紙。副業で犬の誘拐業を営んでいる友人のビリーは、そんなマーティを救おうとネタ出しをしたり、「サイコパス募集」の広告を出したりするが全て的外れ。しかし彼がマフィアの愛犬を盗んだ事により、マーティも命の危険にさらされる事に!果たして、脚本は完成するのだろうか!?

「セブン・サイコパス」の解説

長編映画監督デビュー作『ヒットマンズ・レクイエム』がその年のアカデミー脚本賞にノミネートされたマーティン・マクドナー監督。その彼が再びコリン・ファレルと組んだコミカルなクライム・ムービー。新作のアイデアに煮詰まっている脚本家の周りで、本当の殺人事件が発生していく。こう書くとコーエン兄弟の『バートン・フィンク』のような、どんよりとした映画を想像するかもしれないが、本作はカリフォルニアの空気のように湿度ゼロ。犬を溺愛するギャングのボス、ウサギを抱えた正義の殺人犯、ダイヤのエースを残して行く殺し屋…など、出てくるキャラはみなぶっ飛んでいて、迷いがなく非常にドライ。クセのある俳優たちが、楽しそうにサイコパスを演じているのが見どころ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年11月2日
キャスト 監督・脚本マーティン・マクドナー
出演コリン・ファレル サム・ロックウェル クリストファー・ウォーケン ウディ・ハレルソン トム・ウェイツ
配給 クロックワークス
制作国 イギリス(2012)
年齢制限 R-15
上映時間 110分

(C)2011 Blueprint Pictures (Seven)Limited, The British Film Institute and Film4

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-02-06

マーテイン・マクドナー監督のデヴュー作「ヒットマン・レクイエム」を視聴,ブラック・ユーモアなフィルム・ノワールの凸凹コメデイ,ドラマは初めてだったねぇ!こんなにも絶景なブリュージュの街が地獄何てお伽噺何だゼー。映画のillusionを見事に用いたシナリオかも知れない。「勝手にしやがれ」とか「ポンヌフの恋人たち」とか色んな映画へのオマージュも在るんだろう,きっと。

最終更新日:2019-02-26 00:01:02

広告を非表示にするには