恐怖ノ黒洋館 作品情報

きょうふのくろようかん

この館には、”何か”がいる。

恐怖ノ黒洋館のイメージ画像1
恐怖ノ黒洋館のイメージ画像2

骨董品コレクターのレオン・リーは、別居中に死別した母から、巨大な屋敷を継承する。屋敷の中を散策するうちに、そこが奇妙なカルト教団の聖地だったことがわかってくる。 また、そこには、母の霊魂が居座っており、彼に不可思議なメッセージを送っているという考えに取りつかれる。その後、奇怪な超常現象が起こり始め、レオンは確信する。母の信仰にはもっと恐ろしい真実が宿っていると……。

「恐怖ノ黒洋館」の解説

スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されているシッチェス映画祭。SF、ホラーやサスペンスなどのジャンル映画を特化して扱う世界三大ファンタスティック映画祭の1つだ。そのシッチェス映画祭で前年度に上映された作品の中から厳選し、日本で上映するシッチェス映画祭公認の映画祭「シッチェス映画祭 ファンタスティック セレクション」。本作は、第45回シッチェス映画祭にて上映された作品の中から選りすぐった6作品の中の一本。監督が体験した恐怖の実体験を忠実に映画化した洋館ホラーだ。(作品資料より)

恐怖ノ黒洋館のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年10月26日
キャスト 監督・脚本ロドリゴ・グディノ
出演アーロン・プール ヴァネッサ・レッドグレイヴ ジュリアン・リッチングス
配給 松竹
制作国 カナダ(2012)
上映時間 80分

(C)2012 LAST WILL AND TESTAMENT CORP.

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「恐怖ノ黒洋館」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-08-05 09:32:42

広告を非表示にするには