愛染かつら('62) 作品情報

あいぞめかつら

温泉旅館の女将が堕ちる禁断の世界

津村病院創立二十五周年祝賀の日。看護婦高石かつ枝は皆にすすめられて余興に歌をうたった。伴奏は津村病院長の長男浩三が買って出た。これが縁で浩三とかつ枝は度々会うようになった。浩三はかつ技に結婚を申し込んだが、かつ枝には亡夫との間に敏子という子供があるためと身分の相違とを思いあわせてためらっていた。だが、誠実な浩三の熱意にうたれたかつ枝は、愛染堂の桂の木の下で堅い愛の誓を交わしてしまった。しかしこのことは、名門・中田病院の令嬢と浩三を結婚させようとしていた家族の大反対にあった。一番強く反対するのは浩三の妹竹子で、彼女はかつ枝を罵倒した。窮地の二人は、浩三の先輩服部を訪ねて京都に身を隠そうとした。その当日、敏子が急病に倒れたためかつ枝は約束の場所に行けなくなった。割り切れない気持で、一人京都へ向った浩三は、服部の世話で大学の研究室で働くようになった。服部の妹美也子は浩三に惹かれるものを感じ、何かと世話をやいた。

「愛染かつら('62)」の解説

老舗の温泉旅館の女将が堕ちる禁断の世界を描く成人映画。監督は「阿部定~最後の七日間~」の愛染恭子。原作は団鬼六で、氏の最後の官能小説「旅路の果て~倒錯一代女~」の映画化。出演は「阿部定~最後の七日間~」の麻美ゆま。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中村登
出演岡田茉莉子 青沼洋子 三宅邦子 吉田輝雄
制作国 日本(1962)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「愛染かつら('62)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:13:33

広告を非表示にするには