R-18文学賞 vol.2 ジェリー・フィッシュ 作品情報

あーるじゅうはちぶんがくしょうぼりゅーむつーじぇりーふぃっしゅ

少女たちの繊細で残酷な、愛と嫉妬の日々

R-18文学賞 vol.2 ジェリー・フィッシュのイメージ画像1

クラスの中で浮いている高校生の夕紀はある日、水族館のクラゲの水槽の前で同級生の叶子に話し掛けられ、とまどいながらも唇を重ねた。その日から、互いに惹かれ合うようになる。ごく普通の家庭に育った夕紀と違い、常に孤独の闇を抱えて生きてきた叶子は、夕紀の想いを知りながらもクラスの男子からの告白を受け入れ、彼とのセックスに興じるようになる。そんな時夕紀は、叶子が中学生の時に子どもを堕ろしたという噂を聞く…。

「R-18文学賞 vol.2 ジェリー・フィッシュ」の解説

新潮社主催の公募新人文学賞「女による女のためのR-18文学賞」受賞作の映画化第2弾。雛倉さりえの原作を基に、思春期の少女たちの繊細で残酷な愛と嫉妬の日々を官能的に描いた青春ドラマ。本作が映画初主演の大谷澪と花井瑠美が、エロティシズムとフェティシズムに満ちたシーンを体当たりで演じていてる。監督は「ガメラ」のような特撮ものからアイドル映画まで、幅広いジャンルを手堅くこなす金子修介。これまでどのようなジャンルの作品の中でも“少女”に対するこだわりを示してきた金子監督の、集大成とも言える作品に仕上がっている。ウィリアム・ワイラー監督の名作『噂の二人』を劇中に引用しながら同性愛に対する偏見を示唆するあたり、監督のこだわりが現れている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年8月31日
キャスト 監督金子修介
原作雛倉さりえ
出演大谷澪 花井瑠美 川田広樹 川村亮介 奥菜恵 秋本奈緒美 竹中直人
配給 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
制作国 日本(2013)
年齢制限 R-18
上映時間 92分

(C)2013「ジェリー・フィッシュ」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「R-18文学賞 vol.2 ジェリー・フィッシュ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:13:31

広告を非表示にするには