李小龍(ブルース・リー)マイブラザー 作品情報

ぶるーすりーまいぶらざー

ブルース・リーの青春時代が明らかに

李小龍(ブルース・リー)マイブラザーのイメージ画像1
李小龍(ブルース・リー)マイブラザーのイメージ画像2

1940年。広東オペラの公演のため、妻同伴でサンフランシスコを訪れていた俳優の李海泉。妻・愛楡が急に産気づき、男の子が生まれる。登録のために看護婦に急かされ、父親が付けた英語名はブルースだった。その後、一家と共に香港に戻ったブルースはすくすくと成長、両親も手を焼くやんちゃな男の子に育つ。9歳になったブルースは、父の友人に誘われて映画に出演。息子の映画デビューを喜んだ母は、“李小龍”という芸名を与える。

「李小龍(ブルース・リー)マイブラザー」の解説

ブルース・リー生誕70周年を記念して製作された、若かりし日のブルースを描いた青春ストーリー。京劇俳優の父と女優の母との間に生まれ、子役として多数の映画に出演して成功を収める一方、喧嘩に明け暮れる少年時代を送ったブルースが、イップ・マンに弟子入りして“詠春拳”を習得する姿をはじめ、恋人や弟とのエピソードなど知られざるブルースの青春時代が描かれる。実弟ロバート・リーが製作総指揮と監修を手掛け、弟の視点から兄ブルースの日常、悩み多き青年期を“暴露”しているところが面白い。若かりし日のブルース・リー演じるのは、香港を中心に歌手として活躍するアーリフ・リー。父親を香港の名優、レオン・カーフェイが演じている。

李小龍(ブルース・リー)マイブラザーのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年7月13日
キャスト 監督レイモンド・イップ マンフレッド・ウォン
出演アーリフ・リー レオン・カーフェイ クリスティ・チョン ジェニファー・ツェー ハンジン・タン
配給 アンプラグド
制作国 香港(2010)
年齢制限 PG-12
上映時間 117分

(C)Media Asia Films, Beijing Antaeus Film, Shanghai TV Media, Beijing Meng Ze Culture & Media, J'Star Group

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「李小龍(ブルース・リー)マイブラザー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-01-13 13:56:48

広告を非表示にするには