25年目の弦楽四重奏 作品情報

にじゅうごねんめのげんがくよんじゅうそう

名曲で奏でる珠玉のアンサンブルドラマ

25年目の弦楽四重奏のイメージ画像1
25年目の弦楽四重奏のイメージ画像2

結成25周年目を迎える弦楽四重奏団<フーガ>。記念演奏会を目前に、チェリストのピーターがパーキンソン病を宣告され、引退を決意。動揺したヴィオラのジュリエットはピーターが親代わりだったので、彼なしの楽団では演奏したくないと言う。ジュリエットの夫で第二ヴァイオリンのロバートはこれを機に第一ヴァイオリンで弾きたいと言い出す始末。第一ヴァイオリンのダニエルはジュリエットとロバートの娘と恋に落ちてしまう…。

「25年目の弦楽四重奏」の解説

ベートーヴェンが亡くなる半年前に完成させた、弦楽四重奏曲第14番。べートーヴェンは、第7楽章を“アタッカ”で、つまり途切れる事なく演奏するべきだと言い遺した。演奏の途中でチューニングする事は不可能で、狂っていく音程の中で演奏するという、画期的な名曲なのである。この物語は、そんな歪んでいく音色のなかに調和を探さなければいけない演奏に、人生そのものを重ねた物語。監督はデビュー作のドキュメンタリーが世界各国の映画祭で数多くの賞に輝いたヤーロン・ジルバーマン。フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、クリストファー・ウォーケンなどアカデミー賞俳優たちによる演技合戦が見ものである。

25年目の弦楽四重奏のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年7月6日
キャスト 監督・脚本・製作ヤーロン・ジルバーマン
出演フィリップ・シーモア・ホフマン マーク・イヴァニール キャサリン・キーナー クリストファー・ウォーケン イモージェン・プーツ
配給 角川書店
制作国 アメリカ(2012)
年齢制限 R-15
上映時間 106分

(C)A Late Quartet LLC 2012

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「コルドンルージュ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2013-07-30

音楽と人生はいつの時代も密接につながっている。例えば恋愛を通して、誰にもその時聴いていた曲などの思い出があると思う。25年組んできたメンバー間でもいろいろな思いや人生があり、ベートーベンの情熱がメンバーにも移った映画だった。一流の演奏家の音を聴き、私の心の中の情熱も引き出された思いがした。

最終更新日:2020-09-16 16:06:36

広告を非表示にするには