貞子3D2 作品情報

さだこすりーでぃーつー

『貞子3D』が更なる進化を遂げて戻ってくる

貞子3D2のイメージ画像1
貞子3D2のイメージ画像2

“呪いの動画”事件から数年後。原因不明の謎の大量死が発生。時を同じくして起こる失踪事件。新種のウィルスの発生か、それとも意図的なテロなのか? 捜査が進むうち、数年前の“呪いの動画”事件が関係していることが判明する……。物語の鍵を握る謎の少女、そして、全ての事件が一つに繋がったとき、謎の一端が明かされる。(作品資料より)

「貞子3D2」の解説

2012年5月に公開され、興行収入15億円の大ヒットを記録した映画『貞子3D』の続編。再び動き出した“呪いの動画”の恐怖にさらされる主役を瀧本美織が演じる。2010年『彼岸島』でいきなりヒロインデビューし、同年のNHK連続テレビ小説『てっぱん』では主役の座を射止めるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いの瀧本が大ヒットホラー・シリーズの主役として新たなジャンルに挑む。前作に続き「リング」シリーズの原作者・鈴木光司によるオリジナルストーリーで、監督は英勉が務める。

貞子3D2のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年8月30日
キャスト 監督英勉
原作鈴木光司
出演瀧本美織 瀬戸康史 大沢逸美 平澤宏々路 大西武志 石原さとみ 山本裕典 田山涼成
配給 角川映画
制作国 日本(2013)

(C)2013「貞子3D2」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3.33点★★★☆、3件の投稿があります。

P.N.「ミスチーフジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2013-10-02

3Dに迫力がある点はよかった。だだ画面の明るさが3D眼鏡を通してみると、昼のシーンが夜のように見えて状況が飲み込みにくい。PC使うのに何で明るいところでやらんのだ、と思ったら、実は明かりつけていた、という具合に。人物像に現実味がないので、せっかくの怖さが実感できないのが残念。怖さを求めるならUSJの貞子アトラクションのほうがおすすめ

最終更新日:2020-12-02 18:41:06

広告を非表示にするには