青木ヶ原 作品情報

あおきがはら

樹海に残された哀しく美しい純愛。

青木ヶ原のイメージ画像1
青木ヶ原のイメージ画像2

富士山麓の樹海、青木ヶ原では、自殺者の遺体を捜すため、年に一度、地元の消防団が捜索活動を行う。ペンション経営者の松村も毎年、この活動に参加していた。一人の観光客らしき男性がこの捜索に参加したいと名乗り出た。一緒に山に入ると、男は姿を消す。そして、同じ顔の男が死後2年目の遺体として発見された。男の霊が自分に何かを伝えたがっていると感じた松村は、遺品を頼りに、男の家族を捜し当て、彼の人生を辿り始める。

「青木ヶ原」の解説

石原慎太郎の同名短編小説を映画化。自殺の名所と呼ばれる富士山麓の青木ヶ原で、純愛の末に命を絶った男の人生を追う物語。主人公、松村は、青木ヶ原で命を絶った男の霊と出会ってから、何かに導かれたかのように、彼の素性を探り当てていく。そこで見たのは、他人から見れば、愛人を作って家族を捨てた身勝手な男、しかし、全てを犠牲にして愛を貫き通した男の激しい生き様だった。自殺を咎める人は多いけれど、死を選ぶ人は皆、筋を通して死という決断に到っている。崖っぷちに立たされた時に死を選んだ人間の心情に深く踏み込んだ作品。石原慎太郎本人がカメオ出演しているのも見もの。監督は、『俺は君のためにこそ死ににいく』の新城卓。

青木ヶ原のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年1月12日
キャスト 監督新城卓
企画・原作石原慎太郎
出演勝野洋 前田亜季 矢柴俊博 田中伸一 ゴリ 石原良純 中村育二 長谷川真弓 二木てるみ 左とん平 渋谷天外 津川雅彦
配給 アークエンタテインメント
制作国 日本(2012)
上映時間 104分

(C)新城卓事務所

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「青木ヶ原」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:11:10

広告を非表示にするには