JUDGEMENT 作品情報

じゃっじめんと

人間の本質を抉り出す、サイコ・サスペンス

JUDGEMENTのイメージ画像1
JUDGEMENTのイメージ画像2

目覚めると、そこは見知らぬ場所。手には鎖が繋がれている。意識もおぼろげな元ボクサーの町村の前には、かつての後輩・的場が現れる。状況も理解できないまま、鎖を外そうと躍起になる二人の前に、また一人の男が現れる。町村の現役時代のライバル・牛島だった。その刹那、無機質な女の声が響き渡る。「町村さん、どちらかを選んでください。いらない方を殺してください。」戸惑い、混乱する町村。自分がどれだけ町村に必要だったか必死に訴える的場と牛島。やらなければ、自分が……。追い込まれた町村は、“JUDGEMNT(選択)”する。だが、それで終わりではなかった……。町村の前には、親代わりとも言えるジムの会長、かつての恋人、離婚した妻達が、次々と現れる。選べない、選びたくない、でも選ばないと……。自分の心の声との対話、果てない葛藤。追い込まれ精神が崩壊し始める町村。永遠に続くとも思える究極の選択の末に、残ったものとは……。

「JUDGEMENT」の解説

海外から絶大な注目を浴びるバイオレンスの申し子、辻岡正人とサイコスリラーに定評のある門肇が初タッグを組み、敢えてワンシチュエーション撮影に挑んだ意欲作。映像化が難しい哲学的な内容を、シチュエーション・サスペンスとして魅せる。“大切な人を想う気持ち”を、通常とは違った非現実的でとても残酷な角度から抉り出す。俳優陣には、横川康次、堀越のり、大嶋宏成、ガッツ石松ら、オリジナリティ溢れる面々が集い、独自の世界観を繰り広げていく。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年11月10日
キャスト 監督辻岡正人
脚本門肇
出演横川康次 堀越のり 大嶋宏成 ガッツ石松
配給 REIZ INTERNATIONAL
制作国 日本(2012)
上映時間 70分

(C)株式会社REIZ INTERNATIONAL

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「JUDGEMENT」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:11:06

広告を非表示にするには