危険旅行('59) 作品情報

きけんりょこう

中村登が監督した「集金旅行」の姉妹篇

マスコミの女王といわれる才女松平千賀子が反逆を起した。突如東京を捨てて旅に出たのである。愛用の車をかってさっそうとスタートしたのだが、名古屋附近で一見紳士風の男にまつわりつかれて困った。通りかかったプロ写真家の旗良平が千賀子を救った。意気投合した二人が食事を終えて外に出ると、愛用の車が影も形もなくなっていた。無一文になった二人は知り合いの葬儀屋から融通してもらったものの、裏通りのバーに入ったのが運のつき、再び無一文になった。二人は琵琶湖へ旅を続けた。湖では千賀子が競艇で大穴を当てたがアベックにだまし取られてしまい、保育園のアルバイトで日当を稼ぐという惨めさであった。千賀子の失踪でマスコミ界は大騒ぎしていた。良平は千賀子に帰京をすすめたが千賀子の旅は続いた。貨物列車で大阪に着いた二人は駅前で網を張っていた新聞記者連につかまった。このピンチを救ったのは東京から良平を追いかけて来た週刊ニュース社の小谷だった。

「危険旅行('59)」の解説

「大学の合唱」の椎名利夫の脚本を、「いたづら」の中村登が監督した「集金旅行」の姉妹篇と称するコメディ。撮影は「お早よう」の厚田雄春。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中村登
出演高橋貞二 有馬稲子 後藤雄之助 桂小金治
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「危険旅行('59)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-06 00:01:04

広告を非表示にするには