カミハテ商店 作品情報

かみはてしょうてん

人生の最期に、牛乳とコッペパン

カミハテ商店のイメージ画像1
カミハテ商店のイメージ画像2

山陰の港町、上終(カミハテ)で、亡くなった母が残した店を守り、毎朝、コッペパンを焼いて暮らす千代。近くの断崖は、自殺の名所と言われ、見知らぬ人が1人でこの町に来ると、大抵は、生きて帰らない。自殺する人は、最期に牛乳とコッペパンを買うとネットで噂になり、冷やかしで店に訪れる客もいた。千代の父親もその断崖で死んだ。「死にたい人は死ねばいい」と呟きながら、千代は、自分が焼くコッペパンを憎んでいた…。

「カミハテ商店」の解説

寂れた港町で、古い店を営みながら、ひっそりと暮らす初老の女性が抱える孤独を描く。セリフがほとんどない中で、生きる本質を語る。活気のない田舎町に暮らす千代は、惰性で繰り返される日常と、自分が焼くコッペパンを「自殺する人が最期に食べる」という噂に、希望を失っている。しかし、そんな救いようのない毎日でも、少しずつ何かが変わる。どんな人間でも生きさえいれば、幸せなのだと千代は気づいていく。自殺という重いテーマでありながら、物語は温かく、ユーモラスでさえある。人生に絶望しきった千代がかすかに見せる笑顔が心に沁みる。主演は、本作が23年ぶりの主演映画となる高橋恵子。監督は、本作が長編デビューの山本起也。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年11月10日
キャスト 監督・脚本山本起也
脚本・出演水上竜士
出演高橋惠子 寺島進 あがた森魚 松尾貴史 深谷健人 平岡美保 ぎぃ子 土村芳 大西礼芳
配給 マジックアワー+北白川派
制作国 日本(2012)
上映時間 104分

(C)北白川派

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「カミハテ商店」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-10-02 09:47:20

広告を非表示にするには