悪魔が呼んでいる 作品情報

あくまがよんでいる

角田喜久雄の原作を山本迪夫が監督した作品

江原ユリはある日突然訳もなく旅行社を解雇された。恋人に相談にいっても、理由もなしに絶交を言い渡され、管理人からもアパートを出るよう言われ、途方にくれた。不可解な出来事はさらに続いた。新たに受験した中央文芸社からは合格していたところが不採用の通知、絶望のあまり勤めたバーでも、一人の客が財布を紛失、疑いの目はユリに集中した。そんなユリをじっと見つめている一人の男がいた。やがてその男、藤村はユリに結婚を強要してきた。しかし、翌日、藤村は胸に短剣を突きさされて、謎の死をとげた。恐怖におののいたユリは中央文芸社受験の時、知り合った浦辺に、すべてを打ち明けたが、彼は半信半疑だった。途方にくれるユリは一組の男女に連れ去られた。ユリは、次第にこの不可解な出来事の実体が、見えてきた。

「悪魔が呼んでいる」の解説

自分の意志、行動にかかわりなく黒い影につきまとわれる不安から生じるスリルとサスペンス。角田喜久雄の原作「黄昏の悪魔」から「野獣の復活」の小川英が脚本化、監督は同作の山本迪夫。撮影は「豹は走った」の原一民が担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督山本迪夫
出演酒井和歌子 新克利 大滝秀治 原田力 西沢利明
制作国 日本(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「悪魔が呼んでいる」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:10:02

広告を非表示にするには