不良番長 のら犬機動隊 作品情報

ふりょうばんちょうのらいぬきどうたい

「不良番長」シリーズの第十四作

新宿を根城にした、不良番長グループ・カポネ団、番長・神坂を筆頭に、サブ、ゼニ、ゴーカン、ギター、バクダン、コーラ、三回戦、ガリたちは、相変らず傍若無人に暴れまわっている。ある日、神坂は、ネリカン時代に知りあった西城に再会した。西城は東京進出を企てていた。一方、カポネ団の横暴に暴力団、加納組の圧力がかかり始める。博奕場を開いていた空ビルは追立てをくい、麻薬をやると、風俗嬢圭子に横取りされるなど、やる事すべて裏目になってしまう。折りも折、神坂とサブは風俗嬢幹施の容疑で警察に逮捕される。ようやく出所した神坂は、この逆境にも圭子をくどき、豊満な肉体をむさぼりうそぶく。「俺たちゃ野良犬よ、暴力団相手だろうが、餌の匂いにゃ喰いつくのが身上だぜ」。はからずも藤村製薬が新型覚せい剤を製造している情報をキャッチした神坂は、カポネ団をあげてこの勝負に賭ける。先ずブツを横取し、藤村製薬をおどし、首尾よく三千万円を獲得した。

「不良番長 のら犬機動隊」の解説

脚本は「不良番長 突撃一番」の松本功と山本英明。監督も同作より野田幸男。撮影も同作の稲田喜一が、それぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督野田幸男
出演梅宮辰夫 藤竜也 峰岸徹 岡崎徹 久保浩
制作国 日本(1972)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「不良番長 のら犬機動隊」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-02-20 08:56:51

広告を非表示にするには