怪談残酷物語 作品情報

かいだんざんこくものがたり

「嵐に立つ」の長谷和夫が監督した怪談もの

旗本深谷新左衛門は、鍼医安川宗順から、高利の金を借りた。だが、その返済を迫られると宗順を斬殺してしまった。深谷家に異変が起ったのは、その翌春からである。新左衛門は、妻とよが宗順の悪夢に憑かれ床につくと、女中おくまを雇った。おくまは、新左衛門と関係ができると奥方然と振舞い、やがて新左衛門の長男新一郎にまで、誘惑の手をのばした。新一郎はこれを苦に出奔。とよの病状は悪化した。新左衛門は病妻のために按摩を呼んだが、その顔は宗順にそっくりだった。それから間もなく、とよの悲鳴で駈けつけた新左衛門は、按摩に斬りかかった。だが、凄まじい形相を残して死んだのは、とよだった。やがて新左衛門が狂死し、深谷家は改易となった。それから数年。質屋下総屋に居候の身となった新一郎は、そこの奉公人はなの誘惑に身を任せ情交を結んだ。その最中、はなは呻き声をあげて、世を去った。

「怪談残酷物語」の解説

柴田錬三郎の『怪談累ヶ淵』を「雪夫人繪圖(1969)」の成澤昌茂が脚色。「嵐に立つ」の長谷和夫が監督した怪談もの。撮影は「みな殺しの霊歌」の丸山恵司。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督長谷和夫
出演川口小枝 田村正和 川津祐介 賀川雪絵
制作国 日本(1968)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「怪談残酷物語」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:09:19

広告を非表示にするには