Virginia/ヴァージニア 作品情報

う゛ぁーじにあ

夢と現実をさまよう作家が見つけたものは?

Virginia/ヴァージニアのイメージ画像1
Virginia/ヴァージニアのイメージ画像2

オカルト作家のボルティモアはサイン会で訪れた小さな町で、少女の死体が発見された事を知る。ボルティモアはミステリー好きの保安官から、この事件を元にした小説を共著しないかと持ちかけられるが、気乗りしない。しかしその夜、ボルティモアの夢の中に少女Vと作家のエドガー・アラン・ポーが現れ、かつてこの町で子供たちが犠牲になった事件へと彼を導く。現在と過去の事件を解いていくうち、彼は自分の過去と向き合うようになる。

「Virginia/ヴァージニア」の解説

この町には盤面が7つあるが、すべての時間が合っていない時計台がある。時間は絶対のように思えるが、人はそれぞれ、まったく違った時間の流れ方を感じている。生者も死者も。フランシス・F・コッポラが監督を務めた本作は、全編“これは夢かうつつか幻か”という、どこまでが本当か夢(作家の小説)かわからないような作品だ。三流作家の主人公は、創作と人生に行き詰まり、未来や過去から目を背け、現実からも逃げる酒浸りの男だ。そんな男がある町で出遭った事件により、創作のインスピレーションを得ていく。彼を夢(想像)の世界へ導くのは、作家のポーと少女V。Vは創造の源となるミューズであり、作家が失くしたものの象徴かもしれない。

Virginia/ヴァージニアのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年8月11日
キャスト 監督・脚本・製作フランシス・F・コッポラ
出演ヴァル・キルマー エル・ファニング ベン・チャップリン ブルース・ダーン
ナレーショントム・ウェイツ
配給 カルチュア・パブリッシャーズ
制作国 アメリカ(2011)
年齢制限 PG-12
上映時間 88分

(C)Zoetrope Corp.2011

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「Virginia/ヴァージニア」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-21 17:56:37

広告を非表示にするには