江戸っ子肌 作品情報

えどっこはだ

マキノ雅弘が監督した橋蔵の娯楽時代劇

加賀鳶の小頭吉五郎は度胸と美貌で華やかに売り出していた。喧嘩もめ事仲裁で呑み代を稼ぐ貧乏御家人中原扇十郎の妹・芸者小いなは吉五郎に惚れていた。吉五郎はある夜、権力を笠にきる旗本向井佐太夫にさらわれた娘を助けたものの、は組の纏持ち次郎吉の嫁おもんと知って困惑した。加賀鳶とは組は互いに火消しでありながら犬猿の間柄であった。おもんを伴い菓子折り下げて現われた次郎吉と、素直に受取る吉五郎の胸と胸には、いつか温いものが通っていたようだ。おもんもまた組の意識を越えた吉五郎のさっぱりした態度にひかれていた。

「江戸っ子肌」の解説

邦枝完二の原作を、「花かご道中」の結束信二が脚色し、「若き日の次郎長 東海の顔役」のマキノ雅弘が監督した橋蔵の娯楽時代劇。撮影は「花かご道中」の吉田貞次。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督マキノ雅弘
出演大川橋蔵 黒川弥太郎 桜町弘子 淡島千景 山形勲 北龍二
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「江戸っ子肌」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:08:24

広告を非表示にするには