センチメンタルヤスコ 作品情報

せんちめんたるやすこ

孤独という闇の中で、今日もそっと息をする

センチメンタルヤスコのイメージ画像1
センチメンタルヤスコのイメージ画像2

午前0時。ガイシャの名前は黒澤東花。22歳。 キャバクラ嬢。 仕事名はハタ ヤスコ。何者かによって紐状のもので首を絞められ窒息状態に。 現在は意識不明の重体で救急病院に収容中。状況証拠より殺人未遂事件と断定。 現場に残されたガイシャの携帯電話から容疑者を特定された。ベテラン刑事・山仲の呼び出しで、深夜の救急治療室に集められた7人の男たち。年齢も仕事も住むところも違う彼らの共通点はただ一つ、 ≪キャバクラ嬢・ハタ ヤスコ≫だった。ヤスコが生死の境目で彷徨っている中、救急病院の暗い待合室の中では、7人の男たちの口からヤスコの過去が語られる。少しづつ食い違っている“それぞれのヤスコ像”…。まるでパンドラの箱を開けるかのごとく、次々衝撃なる事実が明らかになる。

「センチメンタルヤスコ」の解説

『ベロニカは死ぬことにした』で注目を集めた若手監督・堀江慶の主催する劇団・CORNFLAKESの旗揚げ公演で演出した「センチメンタルヤスコ」を自ら映画化。主演はドラマ「ケータイ刑事 銭形命」で女優として注目を浴びた岡本あずさ。心に“闇”を抱え迷いながら生きるヤスコを熱演している。難事件に挑む刑事を池田成志。そして事件の鍵を握る、自称<ヤスコの恋人>と名乗る7人の男たちには、万引き癖のある元寿司職人に滝藤賢一、塾講師に山崎一、元バブルの不動産王に坂田聡、エアコン設備工に仁科貴といった実力派が顔を揃える。またカリスマ実業家に「D-BOYS」の和田正人、キャバクラ店員に高木万平、 性同一性障害で引き篭もりの盗撮魔に人気モデルの我妻三輪子などフレッシュな俳優も参戦。(作品資料より)

センチメンタルヤスコのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年4月21日
キャスト 監督・脚本・原作堀江慶
出演岡本あずさ 池田成志 滝藤賢一 和田正人 高木万平 我妻三輪子 坂田聡 仁科貴 宮川一朗太 蜷川みほ 内田慈 森山栄治 北代高士 山崎一
配給 る・ひまわり
制作国 日本(2012)
上映時間 87分

(C)2012beachwalkers

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「センチメンタルヤスコ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:08:03

広告を非表示にするには