徳川女刑罰史 作品情報

とくがわおんなけいばつし

石井輝男が監督した風俗もの

寛文五年。みつは、兄新三の殺害容疑および近親相姦の罪で捕われたが、与力南原一之進の残酷な拷問に口を割ろうとはしなかった。その拷問に不信を持ったのは与力吉岡頼母だった。やがてみつは、事の一部始終を吉岡に自白して、水礫の刑に処せられた。みつの生涯は暗く短かかった。小町娘と評判が高かったみつを、呉服屋の巳之吉は妾にしようと日頃から執心していた。新三は、その話を断ったが、大工の仕事中に重傷を負い、治療代に苦しんだ。巳之助と権造は兄妹の援助に乗り出したが、みつの払った代償はあまりに大きかった。哀しみに暮れる兄妹は、狂ったようにお互を求めあった。やがてこの事実が巳之助に知れ、みつは新三の目前で犯された。新三はこれを苦にして自殺をはかったが死にきれず、みつが兄の苦痛を見かねてノミを打ち下したのだった。

「徳川女刑罰史」の解説

「徳川女系図」の石井輝男と、新人の荒井美三雄がシナリオを共同執筆し、石井輝男が監督した風俗もの。撮影は「帰って来た極道」のわし尾元也が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督石井輝男
出演吉田輝雄 渡辺文雄 中村錦司 橘ますみ 沢彰謙 上田吉二郎
制作国 日本(1968)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「徳川女刑罰史」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:08:00

広告を非表示にするには