MY HOUSE 作品情報

まいはうす

堤幸彦監督が「本当に撮りたかった映画」

MY HOUSEのイメージ画像1
MY HOUSEのイメージ画像2

鈴本さんと相棒のスミちゃんは、都会の公園の一角に家を建てて暮らしている。それは組み立て式で、どこへでも自由に移動できる画期的な“家”。鈴本さんは自転車で収拾して回ったアルミ缶を現金に換え、生活に必要なものはすべて廃品で賄うという、ほぼ0円で生活を成り立たせていた。その一方、エリートコースを目指す中学生ショータや人嫌いで潔癖症の主婦トモコがいる。決して交わるはずのなかった彼らが、ある事件をきっかけに交錯していく……。

「MY HOUSE」の解説

「20世紀少年」シリーズをはじめ、数々の人気シリーズを手掛けてきた堤幸彦が、構想5年、坂口恭平の著書「TOKYO 0円ハウス0円生活」「隅田川のエジソン」をもとに、本当に撮りたかったという作品。大都会の片隅で自由に生きるホームレスの人々の生活を、エリートコースのレールが敷かれた中学生、過剰な潔癖性の母親らの姿を対比させながら、モノクロームの映像で描き出す。路上生活者の生きざまを通して「社会に対して思うことを作品に反映させてみたい」と語る意欲作だ。主人公に扮するのは、これまでに6枚のソロアルバムをリリースしているシンガーソングライターのいとうたかお。堤監督が舞台としてこだわったという、故郷・名古屋の街の姿も興味深い。

MY HOUSEのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年5月26日
キャスト 監督堤幸彦
原作坂口恭平
出演いとうたかお 石田えり 村田勘 板尾創路 木村多江
配給 キングレコード、ティ・ジョイ
制作国 日本(2011)
上映時間 93分

(C)2011「MY HOUSE」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「MY HOUSE」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-07-09 11:00:06

広告を非表示にするには