アノソラノアオ 作品情報

あのそらのあお

「日常」でしか癒せない傷がある

アノソラノアオのイメージ画像1

幼い頃の7.13水害で、母を亡くした田上陽介。彼は、父に反対されながらも映画を学ぶため新潟の専門学校に通っている。そこで知り合った凪音、 同じ地区で育った那枷、高校からのよしみの嵐、幼馴染の茂、茂の恋人・京子達とSF映画『鉄魔人の逆襲』の撮影を始める。しかし、撮影の最中に監督である凪音が事故により命を落としてしまう。映画作りは中断。陽介達は日々をただ怠惰に、何かを諦めたように過ごしていた。そんなある日、陽介達の前に凪音の友人と名乗る歩がやって来る。「『鉄魔人の逆襲』を完成させよう」歩の言葉に戸惑いながらも撮影再開に向けて動き出す陽介達。しかし陽介は、映画に出てくるキャラクター「鉄魔人」の幻影に悩まされるようになり、その中で幼き日の自分と対峙を繰り返す。映画撮影も周囲の理解をなかなか得られず次第に彼らはそれぞれが向うべき現実に直面していく。

「アノソラノアオ」の解説

新潟県燕市。洋食器・金属加工産業を生業とする街を舞台に、地元在住である監督のナシモトタオが、生まれ育った町並み風景・そこに生きる人々の日常から紡ぎ出したオリジナルストーリー。 主演・中山麻聖と、その父である三田村邦彦(新潟県新発田市出身)の初親子共演・親子役をはじめ、主人公の姉役に原幹恵(新潟県村上市出身)、 そのほか、相沢まき(新潟県新潟市出身)、三上真史(新潟県新潟市出身)、村松利史(新潟県出身)、永井大(新潟県糸魚川市出身)、水野久美(新潟県三条市出身)など、豪華新潟県出身の俳優陣は、台本から飛び出した異色のリアルキャスティング。新潟県在住・出身者を対象としたオーディションによって選ばれた、数多くの地元キャストも出演し、“新潟のとあるひとつの街”の雰囲気をそのままに、等身大の人々がその画に生きる。 (作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年3月31日
キャスト 監督・脚本ナシモトタオ
出演中山麻聖 原幹恵 相沢まき 三田村邦彦 納谷美咲 三上真史 八神蓮 片岡信和 加藤貴宏 村松利史 永井大 水野久美
配給 アイエス・フィールド
制作国 日本(2012)
上映時間 114分

(C)2012「アノソラノアオ」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「アノソラノアオ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-12 15:21:14

広告を非表示にするには