ワン・デイ 23年のラブストーリー 作品情報

わんでいにじゅうさんねんのらぶすとーりー

23年間の7月15日を切り取る斬新な恋愛物語

ワン・デイ 23年のラブストーリーのイメージ画像1
ワン・デイ 23年のラブストーリーのイメージ画像2

大学の卒業式後に出会ったエマとデクスターはすぐに意気投合。真面目で恋に不器用なエマと、夢見がちで自由奔放なデクスターの関係は、1988年7月15日=“聖スウィジンの祝日”に始まった。以来23年間、親友として一緒に旅行に行ったり、ケンカをしたり、恋の悩みを相談したりしながらそれぞれの人生を歩む。愛する気持ちを心に秘めていたエマだったが、ある年の7月15日にデクスターから他の女性と結婚する事を打ち明けられる。

「ワン・デイ 23年のラブストーリー」の解説

ロンドンとパリを舞台に、男女の23年にわたる恋と友情を毎年7月15日にスポットを当てながら描くという、斬新なスタイルのロマンチックなラブ・ロマンス。『17歳の肖像』で評価を高めたデンマーク人女性監督ロネ・シェルフィグがメガホンをとった。恋に不器用で真面目なヒロインを演じるアン・ハサウェイ(『プラダを着た悪魔』)と、好対照に明るく奔放な男性を演じるジム・スタージェス(『ラスベガスをぶっつぶせ』)の、10代から40代まで、23年間の気持ちの微妙な変化、機微を体現する繊細な演技に注目を。80年代から現在まで、変化していくファッション、その時々に流行った音楽など、ディテールにもこだわった一作だ。

ワン・デイ 23年のラブストーリーのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年6月23日
キャスト 監督ロネ・シェルフィグ
原作・脚本デイヴィッド・ニコルズ
出演アン・ハサウェイ ジム・スタージェス パトリシア・クラークソン ケン・ストット ロモーラ・ガライ レイフ・スポール
配給 アスミック・エース エンタテインメント
制作国 アメリカ(2011)
上映時間 107分

(C)2011 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「てつひこ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2012-07-05

アン・ハサウェイは相変わらずかわいい。ちょっとジュリア・ロバーツに見える瞬間もあった。かわいいのに「イケてない」役が似合うから不思議。ジム・スタージェスは若い頃と年とってからを演じ分けるためにかなりダイエットしたのでは?最後の方は別人のようにやつれてました。アラフォー女性向けの映画だと思います。悲しいけどうっとり…

最終更新日:2020-08-04 16:24:03

広告を非表示にするには