マンイーター 作品情報

まんいーたー

人喰い生物が襲い来る、戦慄のパニック巨編

マンイーターのイメージ画像1

旅行ライターのピートはオーストラリア北部のノーザンテリトリーにあるカカドゥ国立公園へ、リバー・クルーズの体験取材にやって来た。ガイドのケイトの操る小型船スザンヌ号にはピートを含め9人の観光客がいた。クルーズ中に救命信号弾を発見したスザンヌ号は救助に向かうが、小型ボートの残骸があるだけだった。その時、何かがスザンヌ号の船体に激突し、船底に穴を開ける。ケイトはなんとか乗客たちを降ろすが…。

「マンイーター」の解説

生のイリエワニ、カンガルーなども生息するこの地での、凶暴化した野生生物と人間の戦いを描く。知恵をつけた人喰い生物は、水の中に観光客たちを追い込もうとし、人間たちは人喰い生物の裏をかきながら必死で脱出を図る。実際にカカドゥ公園で撮影された絶景は素晴らしいが、この作品を観た後では訪れる気にはなれないかも…。主人公のピートを演じるのは、テレビドラマ「エイリアス」「パンナム」で話題のマイケル・ヴァルタン。ブレイク前のサム・ワーシントンやミア・ワシコウスカの出演も見逃せない。監督はオーストラリア出身のグレッグ・マクリーン。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年4月14日
キャスト 監督・脚本グレッグ・マクリーン
出演ラダ・ミッチェル マイケル・ヴァルタン サム・ワーシントン ミア・ワシコウスカ
配給 フェイス・トゥ・フェイス/ポニーキャニオン
制作国 アメリカ=オーストラリア(2006)
上映時間 92分

(C)2006 THE WEINSTEIN COMPANY, LLC and VR ? BIG CROC PTY LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-05-27

スピルバーグ監督<ジョーズ>以来、人食い鮫のパニックものが続いたが、本編はまた、一味違った趣向…。どちらかと言うとジョン-ヒューストン監督<アフリカの女王>やヘミングウエイ原作の<老人と海>に近い。救出劇の要で活躍するのが船上ツアーガイド嬢の愛犬なのがいい!<ジョーズ>の恐怖と映画<ベンジー>の愛らしさを持った米豪合作の娯楽映画。オーストラリア大陸の大自然の、大河の巨大鰐の棲む(闇の奥)に入り込んでしまった観光客のリアルな冒険談。極限状況のサバイバル!

最終更新日:2017-06-01 16:00:14

広告を非表示にするには