オレンジと太陽 作品情報

おれんじとたいよう

“児童移民”の真実を描いた感動作

オレンジと太陽のイメージ画像1
オレンジと太陽のイメージ画像2

イギリス・ノッティンガムでソーシャルワーカーとして働くマーガレットは、ある日、見知らぬ女性から「自分の出自を調べてほしい」と訴えられる。聞けば、幼い頃に子どもだけで船に乗せられオーストラリアに送られたという。最初はその話を信じられなかったマーガレットだったが、調査を始めると、イギリスが児童施設などに入った子どもたちを、福祉の名のもとに密かにオーストラリアに送っていたことが判明する…。

「オレンジと太陽」の解説

イギリスの名匠ケン・ローチを父に持つジム・ローチの長編初監督作である本作は、イギリスで1970年まで行われていた「児童移民」の実態を明らかにした女性活動家、マーガレット・ハンフリーズの実話を基にした物語だ。親から引き離された施設の子どもたちを強制的に移住させ、過酷な環境で労働させるという実態の「児童移民」。マーガレットは、事実を隠そうとする組織の圧力に負けずに、イギリスにいる子どもたちの親を探し出すために奔走する。演じる実力派女優エミリー・ワトソンの真摯な姿が、観る者の胸を深く打つ。埋もれた歴史に光を当て、優しい眼差しで傷ついた人々を見つめるジム・ローチ監督。その姿勢は偉大な父と似ている。

オレンジと太陽のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年4月14日
キャスト 監督ジム・ローチ
原作マーガレット・ハンフリーズ
脚本ロナ・マンロ
出演エミリー・ワトソン デイヴィッド・ウェナム ヒューゴ・ウィーヴィング
配給 ムヴィオラ
制作国 イギリス=オーストラリア(2010)
上映時間 106分

(C)Sixteen Midlands (Oranges)Limited/See-Saw (Oranges)Pty Ltd/Screen Australia/Screen NSW/South Australian Film Corporation 2010

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「オレンジと太陽」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2012-05-31

イギリスからオーストラリアへの児童移民の実態は 救いがたい 児童虐待が…政府も関係する実話であった。地味な映画だと思うが、こんな事があったのだという事実を知ることの大切さと、酷い思いをしながら大人になった子供たちのルーツや母親への思い。責任者となった夫婦の、家族の愛情を感じ、這い上がってきた人が 心を開いた時の感動を観てほしい。

最終更新日:2020-06-20 00:01:06

広告を非表示にするには