女の警察 作品情報

おんなのけいさつ

江時実生が監督したアクションもの

篝は、銀座に七つのキャバレーやバーを持つ暁興業の人事兼保安部長だった。彼は、ホステスたちに信望が厚く、女の警察とも呼ばれていた。ある日、元ホステス千代子の夫玖島が、不可解な自動車事故を超して死んだ。親友玖島が危険な事件の取材に当っていたことを知っていた篝は、興信所をやっている加藤と共に、事件究明に乗り出した。そんな折、暁興業社長小平が大宝観光社長宝部から、彼のクラブを五億円で買取って欲しいという申し入れを受けた。しかも宝部は金融王大川にも口をかけていた。

「女の警察」の解説

梶山孝之の原作(新潮社版)を、「鮮血の賭場」の中西隆三が御色し、「無頼非情」の江時実生が監督したアクションもの。撮影は「あゝひめゆりの塔」の横山望。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督江崎実生
出演小林旭 小高雄二 十朱幸代 牧紀子 槙杏子 梶芽衣子
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「女の警察」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:07:16

広告を非表示にするには