ラブ・レター('98) 作品情報

らぶれたー

偽装結婚したチンピラと中国人女性を描く

佐竹興業が経営する裏ビデオ屋の店長を任されているチンピラの吾郎は、ある日、佐竹から偽装結婚の話を持ちかけられる。さして断る理由もない彼は、80万の謝礼と「人助けになる」というプロモーター・穴吹の言葉に、戸籍を貸すことにした。偽装結婚の相手は、中国人女性の白蘭(ぱいらん)。彼女は日本の国籍を得て働いたお金で、中国に暮らす家族を養おうとしていた。そんな白蘭に吾郎が会ったのは、入管審査の時だけ。ところがそれから暫く後、あらぬ容疑をかけられて留置所で臭い飯を食わされていた吾郎に、忘れかけていた白蘭の死亡の知らせが届く。

「ラブ・レター('98)」の解説

偽装結婚したチンピラと中国人女性の心の交流を描いた恋愛ドラマ。監督は「美味しんぼ」の森崎東。第117回直木賞を受賞した浅田次郎の「鉄道員」に収録された同名短編を「愛の黙示録」の中島丈博と監督が共同脚色。撮影を「北京原人 Who are you?」の浜田毅が担当している。主演は「Morocco 横浜愚連隊物語」の中井貴一。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森崎東
出演中井貴一 耿忠 山本太郎 根津甚八 大地康雄 倍賞美津子 柄本明 名古屋章
制作国 日本(1998)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ラブ・レター('98)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:07:06

広告を非表示にするには