濡れ髪剣法 作品情報

ぬれがみけんぽう

加戸敏が監督した明朗時代劇

遠州佐伯藩松平家の若殿源之助は剣をとっては家中第一とうぬぼれていた。が、許婚の隣藩小田切家の息女・鶴姫の前で、その近習・林主水にさんざんにイタめつけられた。彼は自分の本当の力をためそうと、お城を飛びだし、江戸へ向う。若殿生活しか知らぬ源之助は人々には精神障害者のようにしか見えぬ。駿府はずれの茶店で、パクついた団子の代金を請求されると、「お城へ参って受けとれ」。オウヨウなものである。居合せた江戸の芸者・蔦葉が助けてくれると、彼は印篭を与え、再会を約した。彼が馬子に応対しているのを見て、面白い奴と彼を拾ったのは、江戸の人入れ稼業・大和屋弥七である。弥七の娘・おみねは彼に好意を抱く。

「濡れ髪剣法」の解説

市川雷蔵の若様もので、「人肌孔雀」の松村正温の脚本を、「銭形平次捕物控 鬼火燈篭」の加戸敏が監督した明朗時代劇。撮影は「東海道の野郎ども」の武田千吉郎。「日蓮と蒙古大襲来」の市川雷蔵、「喧嘩太平記」の八千草薫をはじめ、中村玉緒・阿井美千子・島田竜三などが出演。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督加戸敏
出演市川雷蔵 八千草薫 中村玉緒 大和七海路 阿井美千子 島田竜三 小堀明男 和泉千太郎
制作国 日本(1958)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「濡れ髪剣法」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:07:05

広告を非表示にするには