ミスター・ミセス・ミス・ロンリー 作品情報

みすたーみせすみすろんりー

ふと知り合ったひとりの女と二人の男の奇妙な生活を描く

花森という男に店をまかされている市雄は、深夜帰宅途中、電柱に手錠でくくられた女をひろった。女は千里と名乗った。そして、二人の奇妙な暮らしが始まった。ある日、二人は新聞で「北川商産カズノコ倒産、北川社長は十五億円抱え失踪」の記事を読んで、お互いに同じ企みを持っていることを感じた。出版社に勤める三崎も下村と北川について話していた。「北川は無事ヨーロッパに着きました」と言う下村に、うなずく三崎。市雄はミスを犯し、国籍がないため店を閉めなければならなくなった。

「ミスター・ミセス・ミス・ロンリー」の解説

脚本は刹那と「快楽学園 禁じられた遊び」の神代辰巳の共同執筆、監督も同作の神代辰巳、撮影は押切隆世がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督神代辰巳
出演原田美枝子 宇崎竜童 原田芳雄 名古屋章 草野大悟 天本英世 三國連太郎
制作国 日本(1980)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ミスター・ミセス・ミス・ロンリー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:06:58

広告を非表示にするには