吼えろ脱獄囚 作品情報

ほえろだつごくいん

宮下幻一郎の小説を福田純が監督したサスペンス・ドラマ

大木竜介とジョーの二人が脱獄した。竜介はキャバレー「スリー・キャッツ」の用心棒で同じ店で働く純子の恋人だった弟靖彦を殺した犯人として投獄されたのだ。兄弟喧嘩のもつれを利用して靖彦を殺し、罪をなすりつけた男--それを三田村とにらんだ竜介は復讐の鬼と化していた。三田村はスリー・キャッツの支配人で、内幕を知り過ぎている健を殺そうとしていた。健の恋人、新進歌手のさゆりは不安を感じて純子に相談した。純子は健から、三田村を軸として麻薬密売が絡んでいることを聞きだした。純子はそのことを竜介に連絡しようとして三田村に監禁された。一方、警察側でもスリー・キャッツを臭いとにらみ刑事を潜入させていた。

「吼えろ脱獄囚」の解説

宮下幻一郎の小説を「東から来た男」の須崎勝弥が脚色、「有難や三度笠」の福田純が監督したサスペンス・ドラマ。撮影も「有難や三度笠」の内海正治。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督福田純
出演佐藤允 夏木陽介 田島義文 田崎潤 水野久美 星由里子 浜美枝 北あけみ
制作国 日本(1962)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「吼えろ脱獄囚」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:06:57

広告を非表示にするには