忍道-SHINOBIDO- 作品情報

しのびどう

忍の生き様とその末路を描くアクション映画

忍道-SHINOBIDO-のイメージ画像1
忍道-SHINOBIDO-のイメージ画像2

忍の里で女忍として育てられたお甲は族長の命を受け、忍の壊滅を目指す隠密組織「黒羽衆」の情報を得るため町での潜入捜査をすることに。居酒屋の女中として働き始めたお甲は、普段は見廻り役として働く侍・東五郎を偵察し始める。しかし、東五郎はひとり娘を愛する心優しい侍だと分かり、お甲は彼に惹かれ始める。そして「東五郎は黒羽衆ではない」と報告するが、恋慕の情を抱いている事を感づかれてしまい、里へ戻される事に…。

「忍道-SHINOBIDO-」の解説

平和な時代が訪れ、排除される立場となった「忍」の哀しみを描いた本作は、テーマパーク“EDO WONDERLAND 日光江戸村”開園25周年を記念し製作されたもの。忍の一族が、自分たちを壊滅させようと目論む軍団から家族や友人、自分たちの里を守るために戦う姿を感動的に描いている。冷徹な女忍でありながらも敵にほのかな恋心を抱くヒロインを演じるのは、映画出演作が続き本格派女優として頭角を現してきた佐津川愛美。クライマックスで見せるワンカット長回しの殺陣は見事だ。『ラスト サムライ』のユキリョウイチをはじめとする、アクションの心得ある共演陣が見せる火花散る熾烈なアクションが最大の見どころ。

忍道-SHINOBIDO-のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年2月4日
キャスト 監督森岡利行
出演佐津川愛美 ユキリョウイチ 菊地あやか 尚玄 黒沢年雄 研ナオコ 長谷川初範 岩佐真悠子 三浦孝太 真勝國之 金山一彦
配給 ジョリー・ロジャー
制作国 日本(2011)
年齢制限 PG-12
上映時間 93分

(C)2011 EDO WONDERLAND Studio

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「忍道-SHINOBIDO-」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:05:34

広告を非表示にするには