39窃盗団(サンキューせっとうだん) 作品情報

さんきゅーせっとうだん

障害があっても、いつも笑いがある

39窃盗団(サンキューせっとうだん)のイメージ画像1
39窃盗団(サンキューせっとうだん)のイメージ画像2

兄キヨタカ、ダウン症。弟ヒロシ、発達障害。刑務所を出たり入ったりのヒロシは、オレオレ詐欺のリーダー・ケンジに「お前の兄貴は、刑法39条があるから、刑務所に入らなくていいんだぞ」と、そそのかされる。キヨタカと幼馴染の和代の三人で、ケンジにだまされているとも知らずに、のんきにドロボーの旅に出て、空き巣を繰り返す三人。痴呆老人の金山も加わった緊張感ゼロな「サンキュー窃盗団」。本当に、彼らはつかまることは無い!……のかな?

「39窃盗団(サンキューせっとうだん)」の解説

8歳下の弟がダウン症であることが、自分の人生に“居座っていた”という押田監督が、10年以上温め続け、やっとの思いで実現した本作。終始一貫した明るい語り口ながら、障害者を取り巻く現実に時にシビアなまなざしを投げかける。“じめじめとした障害者もの”にはしたくなかったという監督の視点が、見ているこちらの障害者観を覆す。主演はダウン症の実弟・押田清剛。監督のもう一人の弟、押田大がキヨタカの弟ヒロシを演じている。身を寄せあい、笑いあって生きるキヨタカとヒロシの兄弟愛が物語に温かみをプラスしている。(作品資料より)

39窃盗団(サンキューせっとうだん)のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年11月17日
キャスト 監督・脚本押田興将
出演押田大 押田清剛 山田キヌヲ 斎藤歩 内田春菊 ベンガル 品川徹
配給 オフィス・シロウズ
制作国 日本(2011)
上映時間 113分

(C)2011サンキューキネマ団

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「39窃盗団(サンキューせっとうだん)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-15 11:09:00

広告を非表示にするには