花咲く乙女たち 作品情報

はなさくおとめたち

「早射ちジョー 砂丘の決斗」の柳瀬観が監督した歌謡ドラマ

織物の町尾西市に、松井組長の命令を受けて、チンピラ山口昌次が弟分サブを連れてやって来た。女工を引き抜いて売りこもうというわけだ。近くの汁粉屋に腰を落着けた昌次は、よく来る女工サツキに早くも目をつけていた。しかしそれは、仕事を離れた好意であった。だが昌次の素姓を知ったサツキは、やくざは嫌い!と昌次へ怒りをぶちまけた。昌次の素姓は、サツキの親友で、かつて昌次と同じチンピラ仲間であった太一によって知らされたのだった。怒った昌次は太一を神社に呼んで、殴ったが、これが逆に二人の間を親密にした。

「花咲く乙女たち」の解説

馬場当の原作を堀内信男、鈴木通平が共同で脚色、「早射ちジョー 砂丘の決斗」の柳瀬観が監督した歌謡ドラマ。撮影は「男の紋章 花と長脇差」の高村倉太郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督柳瀬観
出演光川環世 山内賢 西尾三枝子 舟木一夫 堺正章 小池朝雄 上月左知子 金子信
制作国 日本(1965)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「花咲く乙女たち」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-28 15:53:03

広告を非表示にするには