ミッション:8ミニッツ 作品情報

みっしょんえいとみにっつ

列車テロの真相を暴け! 手がかりは、テロの犠牲者の“死の直前8分間”の意識のみ…

シカゴ行きの通勤電車の中で目を覚ました陸軍パイロットのコルター。目の前には見知らぬ女性がいた。しかも、鏡に映る自分の顔にも全く覚えがなく、知らない男の身分証明書を携帯している。コルターが混乱していると、乗っていた乗車が大爆発した…。目を覚ました時、コルターは自分が驚くべきミッションに参加していることを知る。電車爆発テロで死亡した男の死の直前8分間の意識に入り込み、テロの犯人の正体を暴けと言うのだ…。

「ミッション:8ミニッツ」の解説

死者の死ぬ直前8分間の意識に入り込むことができる“ソースコード”というプログラムを利用し、電車爆発テロの犯人を暴くこととなった軍人の奮闘を描くタイムリミット・サスペンス。死者の意識に何度もアクセスし、同じ状況を繰り返しながら徐々に犯人を暴いていく軍人を、『ブロークバック・マウンテン』のジェイク・ギレンホールが演じている。モニター越しにコルターとやりとりする軍人を演じるのは『マイレージ、マイライフ』のヴェラ・ファーミガ。非常なミッションを遂行しつつも、どこか人間味を感じさせる彼女の演技が、物語に深みを与えている。斬新なアイデアを見事にまとめ上げたのは、『月に囚われた男』の鬼才ダンカン・ジョーンズ監督。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年10月28日
キャスト 監督ダンカン・ジョーンズ
出演ジェイク・ギレンホール ミシェル・モナハン ヴェラ・ファーミガ ジェフリー・ライト
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
制作国 アメリカ(2011)
上映時間 87分

(C)2011 Summit Entertainment, LLC. All rights reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.25点★★★★☆、8件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-07-18

クリス・マルケル監督の実験映画〈level5〉とも通じ逢う様なゲーム感覚とミッション性が在る本篇。列車の疾走感と爆破テロの危機感のサスペンスフルな展開は,一寸映画〈北北西に進路をとれ〉見たいなヒッチコック監督作品を彷彿させる🚆

最終更新日:2019-10-17 13:22:25

広告を非表示にするには