ときめきに死す 作品情報

ときめきにしす

一人のテロリストが暗殺に失敗するまでを、男二人、女一人の共同生活を軸に描く

自称、歌舞伎町の医者・大倉は、ある謎の組織から莫大な報酬で、別荘の管理と一人の男の身の回りの世話、心身のチェックを依頼された。それを引き受けた彼は、ある田舎町の駅で工藤という若い男を出迎える。大倉は工藤を別荘に案内し、組織の指示通りに調理した夕食で持てなすが、工藤は酒も煙草も拒否、食事もデザートから手をつけるという変わり者だった。大倉は工藤の正体も、ここに現われた目的も一切知らされず、また質問する事も禁じられていた。ただひたすら、組織からの一方的な電話による指示通りに彼の世話をするのだった。工藤は早朝、森林を駆け回り昼は海で水泳をし、別荘に帰っては室内トレーニングを続けるという日課を黙々とこなしていた。

「ときめきに死す」の解説

丸山健二の同名小説の映画化で脚本・監督は「家族ゲーム」の森田芳光、撮影は「女猫」の前田米造がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森田芳光
出演沢田研二 樋口可南子 日下武史 矢崎滋 岡本真 岸部一徳 宮本信子 加藤治子 杉浦直樹
制作国 日本(1984)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ときめきに死す」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-11 00:01:55

広告を非表示にするには