家庭 作品情報

かてい

“アントワーヌ・ドワネルの冒険”シリーズの第4作

アントワーヌ・ドワネルは26歳、クリスティーヌと結婚し、クリスティーヌの両親の援助で楽しく新婚生活を送っている。仕事は花屋で、花の人工着色の研究に取り組んでいるところだ。また彼は妻にも内緒で自伝的小説を書きはじめていた。花屋は研究がうまく行かずに首になるが、運良くアメリカ資本の水力研究所に就職。クリスティーヌが妊娠し、やがて長男が生まれる。クリスティーヌはギランと名付けようとするが、アントワーヌは独断でアルフォンスに決めてしまう。この頃から夫婦でもうまく行かないことが時々起こるようになった。

「家庭」の解説

フランソワ・トリュフォーが長編第1作「大人は判ってくれない」の主人公アントワーヌ・ドワネルのその後を、主演のジャン=ピエール・レオの成長に合わせて描いて行った“アントワーヌ・ドワネルの冒険”シリーズの第4作。製作はトリュフォーの会社レ・フィルム・デュ・キャロスで、トリュフォーのパートナーであるマルセル・ベルベールが製作を指揮し、また出演もしている。脚本はトリュフォーと、このシリーズの前作「夜霧の恋人たち」にも参加したクロード・ド・ジヴレイ。撮影の巨匠ネストール・アルメンドロス、美術ジャン・マンダルー、録音ルネ・ルヴェール、編集アニェス・ギユモーはいずれも前作「野性の少年」からのスタッフ。音楽は「夜霧の恋人たち」「暗くなるまでこの恋を」、ゴダールの「気狂いピエロ」のアントワーヌ・デュアメル。共演は「夜霧の恋人たち」でデビューし、ヒッチコックの「トパーズ」にも抜擢されたクロード・ジャドほか。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督フランソワ・トリュフォー
出演ジャン=ピエール・レオ クロード・ジャド ダニエル・チェカルディ クレール・デュアメル マツモトヒロコ
制作国 フランス=イタリア(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「家庭」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-02 14:08:46

広告を非表示にするには