呀<KIBA>~暗黒騎士鎧伝~ 作品情報

きばあんこくしきよろいでん

「牙狼<GARO>」シリーズ初のスピンオフ作品

御月カオルが目覚めるとそこは黒い祭壇の中。現れたのは、心理カウンセラーとして慕い信用していた龍崎駈音と、謎の女・魔戒導師エルダ。龍崎の正体は闇に堕ちた魔戒騎士バラゴ(暗黒騎士キバ)であり、幼いカオルをホラーの始祖・メシアのゲートとして選んだ男だった。メシア降臨の準備を進めるバラゴは、カオルを拉致幽閉したのだ。バラゴはカオルから「何故闇に心を売ったのか?」と問いただされる。バラゴは邂逅する。幼き日、魔戒騎士の父と魔戒法師の母と一緒に暮らしていた日のことを。父と母の死にまつわる出来事を…。

「呀<KIBA>~暗黒騎士鎧伝~」の解説

2005年10月より深夜アクション・ドラマとして放送された「牙狼<GARO>」に登場し、黄金騎士ガロと死闘を演じた暗黒騎士キバ。主人公・冴島鋼牙の父を殺害し、鋼牙の運命の人・御月カオルを己の欲望のために利用する等、諸悪の根源として物語の中核を成していた。そのダークな出で立ちと存在感、演じる京本政樹の怪演と相まって、悪の存在にも関わらず大人気キャラクターに。その人気は、2008年に発売されたパチンコ遊戯台「CR牙狼XX」で火が着き、3D劇場映画『牙狼<GARO> ~RED REQUIEM~』本編にキバは登場していないものの、「CR牙狼 ~RED REQUIEM~」に登場し、再びガロと戦うシーンが設けられている程である。そのキバを主人公とした、「牙狼<GARO>」シリーズ初のスピンオフ作品となる本作では、テレビシリーズでは描かれなかった暗黒魔戒騎士誕生の経緯と、その存在だけが示唆されていた西の魔戒騎士・風雲騎士バドとの闘いを紐解きながら、キバの強さと魅力を映像絵巻として表現する。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年9月3日
キャスト 監督・脚本・原作雨宮慶太
出演京本政樹 肘井美佳 リア・ディゾン
配給 東北新社
制作国 日本(2011)

(C)2011「呀」雨宮慶太/東北新社

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「呀<KIBA>~暗黒騎士鎧伝~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-04-01 00:01:01

広告を非表示にするには