ラビット・ホラー3D 作品情報

らびっとほらーすりーでぃー

ホラーの旗手、清水崇監督が挑む3Dのワンダーランド

人気の3D映画を鑑賞していた姉と弟。突然スクリーンからウサギのぬいぐるみが飛び出してきて、それを弟がキャッチしてしまう。それ以来、夜な夜な階段の納戸から広がる不思議な世界に誘われるようになった。ウサギの着ぐるみがいる、時が止まったような人気のない巨大な遊園地。まるでワンダーランドのような不思議な世界を不審に思った姉は、弟の後を追っていく。すると、弟を連れ去ろうとするウサギが突如襲ってきた…。

「ラビット・ホラー3D」の解説

Jホラーブームの立役者であり、ヴェネチア国際映画祭の3D映画部門で審査委員長を務めた清水崇監督が、パナソニックが開発した世界初の「一体型二眼式カメラ」で撮影し、今までになかった画期的な超立体的3D映像を実現させたファンタジー・ホラー。画面の奥まで広がる世界、さらに物体が目の前に飛び出す映像の洪水は、スリリングな映像アトラクションと言えよう。撮影監督として、ウォン・カーワイ作品などで知られる世界的なカメラマン、クリストファー・ドイルを迎えたのも大きな話題。ヒロインを演じる満島ひかりの、セリフなしの熱演ぶりは要注目。さらに脇を固める香川照之、大森南朋、緒川たまきらの一癖ある役どころにも注目したい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年9月17日
キャスト 監督・脚本清水崇
撮影クリストファー・ドイル
音楽川井憲次
出演満島ひかり 香川照之 大森南朋 緒川たまき 澁谷武尊
配給 ファントム・フィルム
制作国 日本(2011)
年齢制限 PG-12
上映時間 83分

(C)「ラビット・ホラー」製作委員会2011

ユーザーレビュー

総合評価:1点☆☆☆☆、2件の投稿があります。

P.N.「ハナモモ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2018-03-12

途中で観るのやめるぐらい微妙な映画でした。

最終更新日:2018-03-17 16:00:10

広告を非表示にするには