花心中 作品情報

はなしんじゅう

姉と心中して生き残った男に、姉の心中にまで至った心情を理解しようと近づく妹。彼女自身の生き方を発見するための行動だった

夏のはじまり、一面に咲き乱れる花畑で若い男女が心中した。女・神谷亜紀子は死に、男・小鹿良介は生き残った。姉の死の原因を理解できない妹・那津子は、学校も故郷も捨てて、良介に逢うべく上京した。良介は、昼間はテレビ局のスカウトマン、夜はジーンズ・ショップに勤め事件の傷跡をみじんも感じさせぬ程陽気だった。そんな良介をなじる那津子。ある日、彼女は良介が、事件後始めて亜紀子と同棲していたアパートへ行こうとしていた時に会った。アパートに同行した那津子は、その部屋で姉と同じように彼に肉体を与えた。

「花心中」の解説

原作は阿久悠・作、上村一夫・画の同名劇画。脚本は福田陽一郎、監督は「喜劇 ここから始まる物語」の斎藤耕一、撮影も同作の坂本典隆がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督斎藤耕一
出演近藤正臣 中野良子 津川雅彦 横山リエ 粟津號 森本レオ 山本幸栄
制作国 日本(1973)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「花心中」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:03:27

広告を非表示にするには