大いなる西部 作品情報

おおいなるせいぶ

「友情ある説得」のウィリアム・ワイラー監督が、「西部の男」以来18年ぶりで監督した西部劇

1870年代のテキサス州サンラファエルに、東部から1人の紳士ジェームズ・マッケイが、有力者テリル少佐の1人娘パットと結婚するためにやってきた。出迎えた牧童頭のスチーヴ・リーチは彼に何となく敵意を示した。スチーヴは主人の娘を恋していたのだ。途中まで許婚者を迎えたパットは、スチーヴを先に帰してジェームズと父の牧場に向かったが、途中で酒に酔ったハナシー家の息子パックたちに、悪戯をうけた。

「大いなる西部」の解説

サタディ・アヴニング・ポストに連載されたドナルド・ハミルトンの原作をジェームズ・R・ウェッブとサイ・バーレット、ロバート・ワイルダーの3人が共同で脚本化。撮影監督は「誇りと情熱」のフランツ・プラナー。カリフォルニア州ストクトン附近のドレイス牧場一帯と、モジャヴ砂漠がロケ地に選ばれ、広大な野外シーンが常に心してとり入れられている。音楽はジェローム・モロス。タイトル・デザインを「八十日間世界一周」「めまい」のソール・バスが受けもっている。出演者はワイラーと共にプロデュースもしている「無頼の群」のグレゴリー・ペックに、「ベビイドール」のキャロル・ベイカー、「黒い罠」のチャールトン・ヘストン、「野郎どもと女たち」のジーン・シモンズ、「楡の木陰の欲望」のバール・アイヴス、「軍法会議(1956)」のチャールズ・ビックフォード、チャック・コナーズ、メキシコ俳優アルフォンソ・ベザヤ等。製作ウィリアム・ワイラーとグレゴリー・ペック。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ウィリアム・ワイラー
出演グレゴリー・ペック ジーン・シモンズ キャロル・ベイカー
制作国 アメリカ(1958)

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「グレゴリーペックが大好き」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-12-01

DVDで見ましたグレゴリーペックが大好きで見ました。名作ですね。西部劇はすごい映画です。

最終更新日:2021-04-07 15:34:20

広告を非表示にするには