卒業(’67) 作品情報

そつぎょう

チャールズ・ウェッブの原作を、マイク・ニコルズが監督した悲喜劇

学問でもスポーツでも、賞という賞を獲得して、ベンジャミンは大学を卒業したが、それがなんのためなのか、彼は疑問を感じ、将来に対する不安でいらだっていた。だが、そんなベンジャミンの心も知らず両親は盛大なパーティーを催した。口先だけのお世辞やへつらいにいたたまれず部屋に逃げこんだベンジャミンを、ロビンソン夫人が追いかけてきた。彼女は、強引にベンジャミンを家まで送らせ、決して誘惑してはいないなどと口ではいいながら彼の前で裸になって、彼を挑発した。ちょうどそこへ、ロビンソン氏が帰ってきたので、その場は何事もなかったが、この誘惑はベンジャミンにとって強い刺激となり、数日後、彼は自分の方からデートを申し込んだ。こうして2人は、しばしばホテルで会うようになったが、この2人の関係は、ロビンソンの娘エレーヌが学校休みで戻ってから、大きくくずれていった。

「卒業(’67)」の解説

チャールズ・ウェッブの原作を、カルダー・ウィリンガムとバック・ヘンリーが脚色、「バージニア・ウルフなんかこわくない」のマイク・ニコルズが監督した悲喜劇。この作品で、マイク・ニコルズは、67年アカデミー監督賞を獲得している。撮影はロバート・サーティース、主題曲をポール・サイモン、そのほかの音楽を、デーヴ・グルーシンが、担当している。出演は、「奇跡の人(1962)」のアン・バンクロフト、ブロードウェイ出身のダスティン・ホフマン、TV出身で「シェナンドー河」など、2、3の作品に出演しているキャサリン・ロス、他にウィリアム・ダニエルス、マーレイ・ハミルトンなど。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督マイク・ニコルズ
出演アン・バンクロフト ダスティン・ホフマン キャサリン・ロス ウィリアム・ダニエルズ マーレイ・ハミルトン エリザベス・ウィルソン ブライアン・エイブリー
制作国 アメリカ(1967)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-11-20

本編は昔、名画座で〈真夜中のカーボーイ〉と二本立てで観た記憶が在る名篇だ。とことん走るダステイン・ホフマンの姿が話題に成る程観客を沸かせたんだぜ。サイモン&ガーファンクルのサウンド・オブ・サイレンス等ヒット曲尽くしだった。マイク・ニコルス監督の本編ラストの有名な結婚式のシーンを見ていると、矢張ホフマン主演のイタリア映画〈アルフレード、アルフレード〉のラストを連想させた。ウエディングは人生の墓場だと言うアイロニーが込められていてね?

最終更新日:2020-10-20 14:22:34

広告を非表示にするには