キミとボク 作品情報

きみとぼく

実話を基にした人気Flashアニメーションを実写映画化

アメリカンショートヘアーの銀王号と、漫画家を目指す青年の出会いと別れを切々と描き出し、触れ合う心を描写し続ける。

「キミとボク」の解説

クリエイターとして多方面で活躍中のやまがらしげとの実体験を基に制作されたFlashアニメーションを実写映画化。主演は、『BECK』『大奥』の中村蒼。猫の銀王号の声を担当するのは、『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』の真希波などトップ声優として不動の地位を占め、歌手としても活躍する坂本真綾。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年5月14日
キャスト 監督・脚本窪田崇
原作やまがらしげと
出演中村蒼 小林優斗 中村映里子 谷川昭一朗
声の出演坂本真綾
配給 アーク・フィルムズ
制作国 日本(2011)
上映時間 45分

(C)2011「キミとボク」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ヨリ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2011-06-03

一時間に満たない 短編作品。 主人公の子猫の語りで 物語が進むが、穏やかで優しく 温かい愛に包まれた 静かな生活を感じる。時の流れが あっという間で、涙が自然に流れ出た。ポスターに もっと工夫があっても良いのでは?ネコの可愛らしさが 満喫出来るよ!!

最終更新日:2017-01-27 15:43:44

広告を非表示にするには