僕達急行 A列車で行こう 作品情報

ぼくたちきゅうこうえーれっしゃでいこう

恋に泣いても線路と友情はどこまでも続く!

僕達急行 A列車で行こうのイメージ画像1
僕達急行 A列車で行こうのイメージ画像2

小町圭は大手企業のぞみ地所の営業マン。車窓から景色を眺めながら音楽を聴くのが至福の時。一方、小さな町工場コダマ鉄工所の跡取り・小玉健太も無類の鉄道好き。そんな二人が知り合って意気投合。引っ越し先を探していた小町はコダマ鉄工所の寮に転がり込む。ほどなく小町は九州支社に転勤になり、難攻不落の地元大手企業ソニックフーズや買収用地の地主との交渉を任される。そこへ東京から小玉が遊びに来る。

「僕達急行 A列車で行こう」の解説

女心には疎くても、同じ鉄ちゃん相手ならとことん粘って落としてみせる小町&小玉のオタクコンビ。松山ケンイチ、瑛太が演じるのは、一見そうは見えないが、誠実さと確かな技術で仕事のできる男たちなのだ。そんな今時の趣味に生きる青年たちを主人公に、ばかばかしいほどディープで楽しい「鉄ちゃん」の世界をほのぼのとしたコメディで見せてくれたのは、『家族ゲーム』で注目されて以来、バラエティ豊かな作品を撮り続けてきた森田芳光監督。残念ながら遺作となってしまった本作だが、長年構想を練ったというオリジナル脚本は細部まで笑いに溢れ、登場人物の誰もが自分の「好き」に忠実に生きている姿が描かれている。

僕達急行 A列車で行こうのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年3月24日
キャスト 監督・脚本森田芳光
出演松山ケンイチ 瑛太 貫地谷しほり 村川絵梨 ピエール瀧 伊武雅刀 伊東ゆかり 星野知子 笹野高史 西岡徳馬 松坂慶子
配給 東映
制作国 日本(2011)
上映時間 117分

(C)2012『僕達急行』製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、5件の投稿があります。

P.N.「瑛太がいい」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2012-04-23

音楽も画も台詞ものんびり。何時の時代かと思う位だし善人しか出てこず話が上手く進みすぎる。でも、だ。画の緑は目にしみて心地よいし、そこを鮮やかな色の一両車が走ってくるのが又いい。ロケにこだわった良さが出ている。この空気感を支えているのが瑛太だ。松ケンの動の芝居をいかす静の芝居を見せていた。ドラマや主演映画で見せた面とも違い抑えて表現する難しい芝居。この一年でも緩急自在の幅を更に広げたいい役者だ。

最終更新日:2019-11-14 09:28:17

広告を非表示にするには