富江 アンリミテッド 作品情報

とみえあんりみてっど

ジャパニーズ・ホラーの人気シリーズ第8弾

高校で写真部に所属する月子は、友人・佳恵と帰宅途中、同じ学校に通う姉の富江に会う。富江は月子が憧れる先輩と連れ立っていた。男を誘惑する姉に激しい嫉妬を感じるも、その眩いばかりの美しさに陶酔し、カメラでシャッターを切り続けてしまう月子。そんな月子の感情を見透かしたような言葉を投げかける富江。動揺した月子のシャッターを押す指が止まったその時、建設中のビルから落下してきた鉄骨に刺し抜かれ、月子の目の前で富江は絶命してしまう。それから一年。富江の死の瞬間の悪夢にうなされながらも、徐々に日常の生活に戻り始めていた。生きていれば18歳になる富江の誕生日、豊かな黒髪と禍々しいほどの美しさを携え、死んだはずの富江が家にやってくる……。

「富江 アンリミテッド」の解説

ホラー漫画界の鬼才・伊藤潤二原作の「富江」。99年に公開された『富江』を皮切りに、菅野美穂や宮崎あおいなどを輩出し、計7作も映画化されている人気コミックだが、8作目となる本作は原作を最も忠実に再現、その結果最も恐ろしい作品に仕上がった。監督は『ロボゲイシャ』『片腕マシンガール』でカルト的人気を集め、その美しさすら感じる残酷描写から海外からの評価も高い鬼才・井口昇。主人公・月子を演じるのは、モデル・女優として活躍する荒井萌。月子の姉である富江にはシリーズ史上最も本人に近いと評される仲村みう。そして、月子の友人・佳恵役を、国民的アイドルグループ「AKB48」のメンバーで「渡り廊下走り隊」の中核を担う多田愛佳が務める。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年5月14日
キャスト 監督井口昇
残酷効果西村喜廣
原作伊藤潤二
出演荒井萌 仲村みう 多田愛佳 大和田健介 大堀こういち 川上麻衣子
配給 ティ・ジョイ、CJ Entertainment JAPAN
制作国 日本(2011)
年齢制限 R-15

(C)Junji Ito (C)2011東映ビデオ

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「イケ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2011-05-17

僕は原作を読んだことが無かったので、映画が始まったときから富江の奇妙で不気味で妖艶な雰囲気を楽しむことができました。時々、露骨な表現過ぎて笑っちゃうとこもあります(笑)その点で、ただ純粋なJホラーを求めてる方が萎えるかもしれません。ただ監督がこういう手法を得意とし、富江の世界観を表現することに重きを置いていることが分かれば、良い仕事されてたと思います。

最終更新日:2018-11-08 10:03:12

広告を非表示にするには