愛する人 作品情報

あいするひと

ロドリゴ・ガルシア監督が描く、母と娘の物語

愛する人のイメージ画像1
愛する人のイメージ画像2

51歳の女性・カレンは老いた母親とロサンゼルスで二人暮らしをしている。37年前、14歳の時に産んですぐに手放した娘のことばかりを思い、彼女に手紙を書く事を日課としていた。37歳のエリザベスは、母を知らずに育った女性。各地で弁護士としてキャリアを積み、故郷のロサンゼルスに戻って来ていた。何事にも執着しない彼女だが、会社の上司・ポールの子を妊娠した事をきっかけに、37年前に自分を手放した母を捜そうと決心する。

「愛する人」の解説

この作品は『Mother & Child』という原題の通り、“母と子ども(娘)”の物語だ。劇中には、多くの母と娘が登場する。娘を手放した事を悔やみ、常に悔恨に苛まれて生きる母親。母に捨てられ、刹那的に生きる娘。子どもが欲しいと願い、なんとかして養子を貰い受けようとする女性。ロドリゴ・ガルシア監督は、何が正しく、何が間違っているのかと言った主張を述べる事はなく、彼女らの選択を淡々と映し出す。娘を捨てた母親を演じたアネット・ベニング、母親に捨てられた娘を演じるナオミ・ワッツが、心境の変化によって顔つきや表情まで変化していく演技も素晴らしい。様々な選択が可能になったこの時代だからこそ、多くの女性に観て欲しい一作だ。

愛する人のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年1月15日
キャスト 監督・脚本ロドリゴ・ガルシア
製作総指揮アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演ナオミ・ワッツ アネット・ベニング ケリー・ワシントン ジミー・スミッツ サミュエル・L・ジャクソン
配給 ファントム・フィルム
制作国 アメリカ=スペイン(2009)
年齢制限 PG-12
上映時間 125分

(C)2009, Mother and Child Productions, LLC

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.86点★★★★☆、7件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-06-19

スチィーブン・スピルバーグ監督作品「A.I.」の母親のフランセス・オコナーを視ていると,何故だか本篇の母娘の関係或いはナオミ・ワッツが出産して母に為るシーンが蘇って来る。此の様な〈マザー映画〉の傑作チョイスの特集を何処か名画座で企画したら通いたいと想った次第

最終更新日:2020-02-25 00:01:01

広告を非表示にするには